top of page
検索
  • masa-en

「森永製菓」の、大粒ラムネ・ファンタオレンジです


2023年5月9日(火)

先日、スーパーのお菓子コーナーで、このお菓子(大粒ラムネ)に目がとまり、衝動買いしました。

製造元は、「森永製菓」(本社は東京都港区芝)です。

大粒ラムネと言う商品名で、ファンタオレンジとファンタグレープの2種類がありました。

ファンタの名前には、強い懐かしさを覚えました。

そこで、両方とも1個ずつ購入しました。

家に帰り、先ずはファンタオレンジの方から食べてみました。

口の中でシュワシュワする、炭酸効果のあるラムネです。

独特の酸っぱさは、まさにファンタオレンジの味そのものでした。

(とてもよくできていると、感心するばかりです。)

手軽に楽しめる、清涼飲料水と言う位置付けでしょうか?

爽やかで、口の中がスッキリする所が気に入りました。

でも、一度に何粒も食べると、喉が渇くこともわかりました。

1粒が結構大きめなので、1度に食べるのは1粒が適量です。

とてもいい味わいで、結構、気に入りました。

最近は、ガムを噛む人の数が減り、こうしたラムネやキャンディ、グミ等にシフトしているそうです。

(日本のチューイングガム市場は、大幅に縮小しています。)

ガムは噛み終えた後にゴミが出て、処理が面倒というのが理由です。

(街中で、ゴミ箱を探すのは、とても難しいことなのです。)

一方で、ラムネやグミ等では、新しい味(フレーバー)がどんどん開発され、商品化されています。

嗜好品の人気が、シフトしているのもわかる気がしました。

    遠藤雅信

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page