top of page
検索
  • masa-en

「東京BRT」に、初めて乗りました


2023年6月3日(土)

東京(お台場)に、どうしても行かねばならない用事があり、その帰りに、初めて「東京BRT」を利用しました。

BRTと言うのは、Bus Rapid Transit(バス高速輸送システム)の略語で、現在は本格稼働(2024年4月の予定)に向けたプレ運行(二次)中です。

(なぜか、京成バスが運行に関わっています。)

「東京BRT」では、一部優先道路の利用や、信号機を制御することで、一時停止を極力少なくする等の新しい試みがなされていて、効率よく、沢山の乗客を目的地に運ぶことができます。

(但し、運行エリアは限定されています。)

LRT(Light Rail Transit)に較べると、初期投資が殆どかからない為、今後は都市交通の目玉として、各地で導入が検討されていくようです。

国際展示場から新橋駅まで行くには、これまでは「ゆりかもめ」がメインの移動手段でした。

しかし、「ゆりかもめ」は、経路がかなり蛇行している為、距離以上に時間がかかることや、運賃の高さが課題でした。

その点、この「東京BRT」は、確かに早くて15分弱で新橋駅に到着しました。

しかも、運賃は「ゆりかもめ」の半額です。

とても面白い試みだと思いました。

最新式のバスで、乗り心地も満点でした。

    遠藤雅信

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page