top of page
検索
  • masa-en

「天乃屋」の、古代米煎餅です


2022年8月27日(土)

古代米と言う、聞きなれない食材を使った煎餅を買いました。

商品名は、シンプルに古代米煎餅です。

なんの「ひねり」もない所に、好感が持てました。

製造元は、東京都武蔵村山市に本社のある「天乃屋」と言う会社です。

1パック、12枚入です。

(中の煎餅は、1枚1枚が小袋に入っています。)

早速、そのうち1枚を食べてみると、とてもサクサクして香ばしい食感です。

やや苦みがあると言うか、深みのある味わいで美味しかったです。

古代米と言うのは特定の品種がある訳でなく、色が付いている米の総称でした。

(稲の原種と呼ばれる種類は、皆、色付きが特徴だったようです。)

いろんな種類の色の付いた米に、黒胡麻やキヌア等を混ぜ、煎餅の原料にしています。

その分、いろんな栄養分も含まれているので、健康食品としての効果も見込めそうです。

ちょっと変わった風味と香ばしさが癖になる、そんな商品なのでしょう。

個人的には、好きな味で気に入りました。

    遠藤雅信

閲覧数:8回0件のコメント

Commentaires


bottom of page