top of page
検索
  • masa-en

「伊藤軒」の、満福せんべいです


2023年5月4日(木祝)

「伊藤軒」と言う会社の作ったお菓子、満福せんべいを買いました。

強い懐かしさを覚える、昔ながらの駄菓子です。

いろんな種類のせんべいが、1つの袋にアソートとされています。

味の良さは勿論のこと、見た目も実に綺麗だと感じました。

「伊藤軒」は、1864年(元治元年)に京都で創業されました。 大政奉還が1867年(慶応3年)なので、まさに幕末の頃と言えます。

(そして、元治と言う年号が、たった1年しかなかったことがわかります。)

大政奉還は、たしか「嫌ろうな(1867)」と言う語呂で覚えていたと思います。

まさに、長い歴史を持つ、伝統的なお菓子と言えるでしょう。

「伊藤軒」の本社は、今でも京都府京都市の伏見区にあります。

そのせいか、このお菓子には京都風の「雅(みやび)」も感じられました。

とても魅力的な、お菓子でした。

    遠藤雅信

閲覧数:1回0件のコメント

Comments


bottom of page