top of page
検索
  • masa-en

「三省堂」の、新明解国語辞典・第7版です


2021年10月16日(土)

私は、国語辞典を、意外と頻繁に利用しています。

ネットで調べることができても、やはり、紙媒体の方が好きなのです。

その割には、誤字や誤表現が多いと言わないでください。

辞書を引いていなければ、もっと間違いが多いでしょうから。

ちょっと悩んだら確認する、できるだけそれを心がけています。

使っているのは、「三省堂」で出している、新明解国語辞典です。

国語辞典って、一度作ると、なかなか新しい版を出版しないものなのです。

本屋さんに並んでいる国語辞典を見てみると、ビックリするほど昔の版が、未だに正規の値段で売られていたりします。

「言葉は生きている」とも言われる位なので、本来なら、毎年のように改訂版が出されてもおかしくないと、個人的には思うのですが。

(言葉は、時代を映す「鏡」でもあります。)

しかし、辞書業界は殿様商売と言うか、いつまでも古い版を販売しています。

改訂版を作らないのは、手間も大変だし、コストの問題もあるのでしょう。

新明解国語辞典の第7版は、2012年(平成24年)に、第1刷が発売されています。

私の持っているのは第7版第7刷で、2018年(平成30年)1月に発行されました。

これでも、買った当時は、何軒も書店を廻り、できるだけ最新のものを探して購入したものです。

(特装版で、税込3300円で買いました。)

けっこう、気に入っていて愛用しています。

ところが、最近になって、同じ新明解国語辞典で第8版が発売されたと聞きました。

とても、ショックです。

9年ぶりに改訂版が出たと言うことで、ニュースにもなっていました。

第8版が欲しくて仕方ないけど、しばらくは第7版で我慢しなければなりません。 最新版の第8版は、もし店頭で見かけたら買ってしまいそうです。

    遠藤雅信

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page