top of page
検索
  • masa-en

「三省堂」の、基本六法(令和6年版)を買いました


2023年11月30日(木)

「アマゾン」のブラックフライデー・キャンペーン中に、前から気になっていた、法律の本(条文集)を買いました。

(セールの価格にはなりませんが、アマゾンポイントが付きます。)

買ったのは、「三省堂」の基本六法です。

所謂、法律(六法)の本を買うのは、学生時代以来です。

(一応、法学部に通っていましたので。)

当時(1970年代)、六法全書と言えば、「三省堂」の模範六法か、「有斐閣」の六法全書のどちらかと相場が決まっていました。

(どちらも、現在も最新版が出版されているようです。)

授業等で、どちらかを買いなさいと、先生から助言された覚えがあります。

結局、模範六法を購入し、大学の授業を受けるときには、それを持ち歩いていました。

なぜ、「三省堂」を選んだかと言えば、デザインが気に入ったからです。

ちょっとだけ、ポップな印象がありました。

一方の「有斐閣」の方は、いかにも学術書と言う感じの、重厚さが特徴でした。

今回も、最初は模範六法にしようと思い、ネット検索してみた所、デザインが大きく変更されていました。

昔、ややネガティブイメージだった、学術本らしさを強調したデザインに変更されていたのです。

そんなこともあり、同じ「三省堂」の基本六法を買うことにしました。

(価格は、模範六法の半分ぐらいで買えました。)

法律というのは毎年改定されるので、六法全書も最新でないと意味をなさないことがあります。

基本六法の令和6年版は、今年の10月に出版されたばかりなので、今ある法律の本の中では、最新と言うことができます。

その辺も気に入りました。

判例等はなく、基本的に条文主体の編集になっています。

改定の箇所が、わかりやすく解説してありました。

法律は、社会を動かす為の基本的な道具と言われます。

条文の表現には、まだるっこしい部分も多いのですが、それもまた、法律という物の特徴の1つなのでしょう。

久しぶりに読んでみて、なるほどと言う部分もあります。

ちょっと興味を惹かれました。

    遠藤雅信

閲覧数:5回0件のコメント

Comments


bottom of page