top of page
検索
  • masa-en

「マルエツ」新志津店の名物コーナー、焼き立てパン工房です


2024年7月9日(火)

「マルエツ」新志津店は、家から最も近いスーパーです。

(歩いて行くことができます。)

「マルエツ」は、大きな意味では「イオングループ」の中の1社ですが、「ユナイテッド・スーパーマーケット・ホールディングス(U.S.M.H)」と言う別グループを、他の2社(カスミ・マックスバリュ関東)と組んでいて、「イオングループ」とはやや弱い連携をしています。

(それでも、親会社である「イオン」からの指示は多く出されているようですが。)

「マルエツ」は、以前は、ダイエーの傘下にあったこともあり、数奇な運命を辿っている企業と言えるでしょう。

そんな「マルエツ」の新志津店には、とてもレベルの高いインストア・ベーカリーがあります。

惣菜ゾーンの一角に、独立した売場を持っていて、まるで、テナントでパンの専門店(ベーカリー)が入っているようにも見えます。

インストア・ベーカリーの名前は、焼き立てパン工房です。

その名の通り、売場のすぐ裏側が、パンを焼く為の専用厨房になっています。

その為、特に午前中は、焼き立てのパンが次々に出てきて、店頭に並ぶことになります。

食パンやバケット、それに惣菜パンから菓子パン・デザートパンまで、とても幅広い品揃えです。

(パンを焼いているのは、職人ではなく、パートタイマーの従業員です。)

でも、レシピ等がしっかりしているのか、どれも、とても美味しいのが特徴です。

個人的にとても気に入っていて、買い物でスーパーを訪れると、必ず立ち寄ってしまいます。

間違いなく、「イオン」のスーパーにはないような、貴重な名物コーナーです。

是非とも、続けて欲しいと願います。

(イオンが得意とする標準化・同質化が進むと、消えてしまうかもしれません。)

だから、応援する意味で、できるだけ買い物をするようにしています。

    遠藤雅信

閲覧数:3回0件のコメント

Comments


bottom of page