top of page
検索
  • masa-en

「グリコ」のチョコレート、ジャイアントカプリコ・メロンソーダ味です


2024年7月1日(月)

ジャイアントカプリコと言う、チョコレートを買って食べました。

昔からある、息の長い商品です。

でも、メロンソーダ味は、最近になって加わった味(フレーバー)だと思います。

鮮やかな黄緑色が主体の、とても目立つパッケージが特徴です。

爽やかさが伝わって来るデザインでした。

製造元は、「グリコ」(本社は大阪府大阪市西淀川区)です。

「グリコ」の創業は1922年(大正11年)で、その時初めて、大阪の「三越」で栄養菓子としてグリコを発売しました。

だから、大阪にはとても縁の深い菓子企業なのでしょう。

ちなみに、商品名のグリコは、栄養成分の1つのグリコーゲンから取ったそうです。

ジャイアントカプリコは、所謂、ソフトクリーム型のチョコレートの元祖です。

エアインチョコと言い、チョコの中にあえて空洞を沢山作ることによって、サクサク感を出しています。

カプリコが製品化されたのは、1970年(昭和45年)でした。

(カプリコを進化させたお菓子が、ジャイアントカプリコです。)

メロンソーダ味では、コーンの中側に、ミルクチョコとメロンクリームソーダチョコの2種類が詰められています。

一緒にかぶりつくことによって、口の中で、いくつかの風味が混じり合い、とても奥深い味わいになります。

程良い甘さと爽やかさで、実にいい組合せでした。

とても美味しかったです。

総合菓子メーカー「グリコ」を代表する、ヒット商品の1つだと、改めて思いました。

    遠藤雅信

閲覧数:4回0件のコメント

Comments


bottom of page