top of page
検索
  • masa-en

「アサヒグループ食品」の、カルピス・ラムネです


2022年7月9日(土)

カルピスと言う商品名(ブランド名)を耳にすると、つい、あの象徴的な水玉模様と「初恋の味」と言うキャッチコピーを連想します。 それほど、この2つのイメージは強烈だと心から思います。

「初恋の味」の方ですが、これはなかなか斬新なコピーと言えます。

なんか、ほのかな恋心の全てを包含してしまったかのようで、本当に感心せずにはいられません。

(最近、そこまでのインパクトを残せるコピーライターは、いないのではないでしょうか?)

今回食べたのは、カルピス風のラムネです。

飲料としてのカルピスは、歴史もあり、確かに安定した味わいが特徴ですが、ラムネになっても、実に深みのある味です。

乳酸菌ならではの、独特な酸っぱさが感じられ、とても美味しかったです。

(手軽に食べられる点も、ラムネならではでしょう。)

爽やかな口当たり(食感)がとにかく最高です。

そして、一粒一粒が濃く感じられ、次々に口に運びたくなりました。

(この時点で、もう「初恋の味」は吹っ飛んでしまっていますが。)

カルピスの味は永遠の存在だと、改めて知らされたような気持ちになりました。

    遠藤雅信

閲覧数:2回0件のコメント

Commentaires


bottom of page